大型自動車免許の取得条件や運転できる車両について

大型自動車免許はトラックの運転に不可欠ですが、その取得方法はあまり知られていません。取得するための条件や講習の内容、運転できる車両についてお伝えしていきます。

大型自動車免許を取得するための方法

普通自動車免許の所持が必須条件

大型自動車免許はトラックの運転に必須であり、普通自動車免許の次に取得する免許というイメージがありました。法律では普通自動車免許を取得して3年以上の運転経験が必要とされ、年齢も21歳以上からと決められています。無免許の人がいきなり大型自動車免許を持つことはできないので、まずは普通自動車免許を持つことが重要と言えるでしょう。

免許を取得する方法

大型自動車免許を取得するには普通自動車免許と同様に規定回数の教習を受ける必要があります。第1段階は12時限、第2段階は18時限の技能教習を受けることになります。また、第2段階になったら1時限の学科教習も受けます。第1段階の教習をすべて終えると修了検定を受けることになりますが、この検定は路上教習に必要な仮免許証の交付の可否を決める重要なものです。そのため、検定に合格しなければ次に進むことができません。また、第2段階の教習をすべて終えた後に受ける卒業検定に合格することが免許取得の適性検査を受ける条件です。第1段階の修了検定と同様に必ず合格することを目指し、努力する必要があります。

合宿免許なら短期間での取得も難しくない

限られた期間で効率的な教習を受けることができる

短い間に免許を取得するなら合宿免許が最適と言われています。規定の教習を受けて検定に合格するという免許取得までの流れは通所型の教習と変わりませんが、合宿免許はスケジュールが効率的に組まれているのが大きな特徴です。自動車学校によって多少の違いはありますが、約2週間ほどで必要な教習をすべてクリアできるようになっています。春休みや夏休みなど長期の休みを取りやすい期間は合宿免許の利用者も多くなるので早めの予約が欠かせません。また、合宿免許は原則として途中の欠席ができません。そのため、自身のスケジュール調整も慎重に行う必要があります。

大型自動車免許の合宿免許について

大型自動車免許の教習を合宿免許で受ける場合、まずは自動車学校のプランを確認する必要があります。教習に必要な大型車両は台数が少ないため、すべての自動車学校が大型自動車免許の合宿免許を受け付けているとは限りません。また、車両の少なさから人数も少ないことは珍しくないので、普通自動車免許よりも早めに手続きを行うのが賢明でしょう。費用は平均すると約20万円から30万円ほどです。

大型自動車免許を持つメリット

大型自動車免許を取得すると車両総重量が11トン以上、積載量が6.5トン以上、乗員人数が30人以上の車両を運転することができます。免許の種類で見れば大型の他に中型と普通、小型特殊と原付に該当する車両の運転が可能です。トレーラーやバイク、工事用の車両を除くほとんどの車両が大型自動車免許で運転可能と言えるでしょう。運転できる車両の種類が多ければそれだけ仕事の幅が広がり、就職や転職に有利です。

大型自動車免許はドライバーの目標

大型自動車免許の取得は決して容易ではありませんが、それだけに取得した時の喜びは特別です。また、運転できる車両の種類も増えることからドライバーの大きな目標と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です