大学生が合宿免許に行くメリット・デメリットとは?

合宿免許で免許を取得することを考えている大学生は多いでしょう。そこで、合宿免許の流れや、メリット・デメリットなどを解説します。

合宿免許で免許を取得するまでの流れとは?

合宿免許での免許取得までの流れとしては、まず合宿が行われる教習所に行きます。交通手段は自由なところもありますし、決められているところもあります。中には、バスや電車のチケットが貰える教習所もあるでしょう。そして教習所に到着したら、説明会に参加したり適性検査を受けたりします。適性検査としては、視力や聴力、色彩判別能力検査などがあります。その後、第一段階の学科教習や技能教習を受けてください。学科教習では教科書などを使って、道路交通法やドライバーとして注意することなどを学びます。技能教習では、実際に車を運転します。

そして第一段階が終了したら、検定や試験が行われるので、合格して仮免許を取得しなければいけません。無事に合格できたら第二段階がスタートして、学科試験や、一般道に出て車を運転する技能実習が行われます。その後技能卒業試験が実施されて、無事に合格できたら卒業証明書が発行されるのです。そしてさらに、免許センターなどで本免学科試験というものを受け、合格すれば免許取得となります。

大学生が免許を取得するメリットとデメリット

大学生が免許を取得するメリットはさまざま。たとえば、友達と一緒に旅行に行く時に役立ちます。大学では、サークルやバイトでたくさんの友達ができて、遠出する機会が増える人もいるでしょう。その時に車が運転できれば、交通費が抑えられますし、目的地までの道中も楽しく過ごせます。また、大学を出たら就職するという人も多いでしょう。そこで、就職活動の際に役立つ可能性もあります。業種や職種によっては、車を運転しないといけないことも多いので、時間がある大学生のうちに取得しておくと安心です。

ただし、免許の取得には費用がかかります。一般的には25~30万円ほどかかりますし、合宿免許でも20万円程度はかかるため、大学生にとってはとても大きな金額でしょう。両親などに頼らずに自分で支払う場合は、アルバイトをしてお金を貯めなければいけません。勉強や遊び、サークル活動などにもお金を使うことが多いため、貯めるのに苦労する可能性があります。

大学生が合宿免許を利用するメリットとデメリット

免許合宿にはたくさんのメリットがあるため、大学生に人気です。たとえば合宿免許であれば、短期間で免許の取得が目指せます。教習所に通う場合は2~3ヶ月かかることが一般的ですが、免許合宿の場合は通常2~3週間程度で取得できるのです。忙しい大学生にはぴったりでしょう。また、費用が安いことが多いこともメリットの1つです。もちろん教習所や時期などによって異なりますが、閑散期であれば通常よりも5万円程度安いパックが販売されることもあります。大学生は夏休みや冬休みが長いため、閑散期を狙うのがおすすめです。

ただし、2週間程度のまとまった休みが必要であるというデメリットもあります。大学生であれば、バイトのシフトや授業の日程を調整する必要があるでしょう。

大学生のうちに免許を取得しよう

社会人になったら時間がなくて、免許を取ることが難しくなる可能性があります。まとまった時間がある大学生のうちに、取得することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です