準中型免許の取得について

自動車免許には種類があり、そのひとつとして準中型免許があります。普通自動車とも中型免許とも異なる準中型免許の取得について紹介します。

準中型免許とは

準中型免許とは、準中型車を18歳以上の人が運転する際に必要とする免許です。準中型車とは、車両総重量が3.5トン以上7.5トン未満の車、最大積載量が2トン以上4.5トン未満の車、乗員定員数が11人未満の車のことを言います。代表的な車両としては、コンビニ配送などで使用されている、保冷車をあげることが可能です。配送関係の車両を運転する際に役立つ、職業向きの運転免許といえるでしょう。準中型免許は、2017年3月12日から新設された免許であり、普通免許と中型免許の間に位置付けられている免許となります。準中型免許が新設される前は、20歳未満の若年層がトラックドライバーとして働くことは免許の取得年齢からできませんでした。

しかし、準中型免許が作られたため、高卒新卒者でも2トントラックを運転することが可能となり、トラックドライバーとして活躍できるようになりました。

準中型免許取得の条件

準中型免許の取得条件は、いくつかあります。年齢の条件としては、普通免許の取得条件と変わらず18歳以上であることです。視力は、片目の視力が0.5以上、両目で0.8以上、深視力が2.5メートルの距離で平均誤差が2.0センチメートル以内という条件となっています。このほか、色を識別でき、聴覚が正常であること、そして運転に支障が出る身体障害や持病を持っていないということも条件に入るでしょう。これらの条件を満たしていれば、準中型免許を取得するための教習所へと入校することが可能です。

準中型免許取得の流れ

準中型免許取得までの流れは、普通免許の取得までの流れと大きく変わることはありません。取得までの流れは大きく3つに分けることが可能です。ひとつが教習所へと通って教習を受け、卒業試験に合格して免許試験場で試験に合格するというもので、二つ目が教習所が実施する合宿免許を受けて、卒業試験に合格して免許試験場で試験に合格するというもの、そして最後が運転免許試験場へと行き、一発合格を目指すというものになります。これらのいずれかの方法をとりますが、通常は教習所へと通うか、合宿免許を受けることになるでしょう。各都道府県によって細かな流れは異なりますが、教習所へと入校した後は、技能教習と学科教習を受けた後に仮免許を取得し、さらに技能と学科の教習を受けた後に卒業試験に合格します。

その後各都道府県の運転免許試験場で試験と適性試験を受けて合格したならば免許が発行されます。

準中型免許取得にかかる費用と期間

準中型免許の取得にかかる費用と期間は、人によってそれぞれ異なりますが、おおよその期間と相場はわかっています。通学免許を選んだ場合、少なくとも20日以上の日数がかかり、35万円以上の費用が掛かるでしょう。合宿免許を選んだ場合には、最短でも18日以上の日数がかかったうえで、閑散期ならば30万円ほど、繁忙期ならば36万円以上の費用が掛かることになります。人気の時間帯や季節によって日数が変わるほか、習熟度によっても日数や費用が変わるでしょう。準中型免許教習のための車両数が十分にそろっていない教習所もあり、予約が十分に取れないこともあるので、スムーズに免許取得を目指すならば、合宿免許を選ぶのも手です。

準中型免許を取得しよう

準中型免許は18歳以上から取得することができ、合わせて普通免許の取得を目指すことも可能です。通学免許でも合宿免許でも自分の都合に合う方法を選び、免許取得を目指してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です