高校生が合宿免許に参加するメリットとデメリット

高校生でも運転免許を取得することができます。夏休みなどを利用して、短期間で免許を取得することが可能です。ここでは、高校生が合宿免許に参加することのメリットとデメリットについて解説します。

合宿免許に参加できる年齢

普通運転の免許を取得できるのは、18歳になってからです。そのため、合宿免許に参加することができるのも18歳だと考える人もいるでしょう。ですが、合宿免許には17歳から参加することが可能です。早い段階から始めることにより、少しでも早く免許が取得できます。ただし、17歳になったからといって、すぐに合宿免許に参加することができるかというと、それは違います。正確には、18歳の誕生日を迎える7日前から参加できるという教習所が多いです。その理由は、仮免許の試験は18歳を迎えなくては、受けることが出来ないからです。したがって、17歳で合宿免許に参加したいときには、誕生日までの日にちを考えることが大切です。いくら早く勉強を始めても、スケジュール的に試験を受けることができない可能性があります。

高校生が合宿免許に参加するメリット

高校生は、合宿免許に参加することによって様々なメリットがあります。ここでは、どのようなメリットがあるのかを詳しく解説します。

費用を抑えられる

合宿免許のメリットは、費用を抑えて免許を取得できることです。合宿免許は、教習所によって異なりますが、基本的には最初に支払った費用のみでまかなえるので、追加料金の心配をせずにすみます。教習所のなかには、学割を採用しているところもあり、高校生のうちに参加しておくことで、安く運転免許を取得できる可能性があります。

時間に余裕がある

合宿免許では、仮免許の試験を受けるまで少なくとも約2週間前後はかかります。高校生の間なら、夏休みや冬休みなど長期的な休みがあるので、気軽な気持ちで参加がしやすいでしょう。

思い出作りができる

通学免許は、通うことを考えると近隣が最適ですが、合宿免許は宿泊しながらのため、地元から離れた地域を選択することもできます。なかには観光で有名な地域もあるため、合宿免許の合間に、観光地を巡ったり、ドライブやショッピングを楽しむこともできます。自分が行ってみたい地域の教習所を探すことによって、旅行気分で免許取得も可能です。

高校生が合宿免許に参加するデメリット

高校生が合宿免許に参加することで、メリットも得やすいですが、デメリットと感じることもあります。ここでは、デメリットについて詳しく解説します。

学校の許可が必要

高校の規則によって違いはあるものの、多くの高校では普通免許を取得する際には、通っている高校の許可が必要です。まずは、担任の先生に普通免許をとる理由と、合宿免許を受けることについて説明することが大切です。また、規則で禁止されているのにも関わらず、無断で合宿免許を受けた場合には、停学、または退学になる可能性もあるので注意しましょう。

孤独

合宿免許では、慣れない環境で1人で過ごさなくてはいけないため、孤独を感じることもあるでしょう。途中でホームシックになる可能性もあります。しかし、合宿免許には、様々な年齢の人が参加しているため、思わぬ友人ができる可能性もあります。自分から積極的に声をかけ、コミュニケーションをとるといいでしょう。

高校生が合宿免許を受ける前に

高校生が合宿免許を受ける前には、まずは参加できる年齢について知ることが大切です。それから、メリットとデメリットを知ることで、受けるかどうかが決めやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です